• keisyu

なんだか情けなくも。。

私のこのお仕事に(元)旦那さんは理解はしていないだろう。。。




確かに友人が言うように 水物と言えばそうかもしれないけれど

でも学問として捉えている会社が好きで私は二つの会社さんと

自分での「個人」としてお仕事をさせていただいているので


この道を目指すという中ではとても幸せかもしれません


そして人にお伝えするのですから

タロット

算命学

西洋・心理占星術というものではそれぞれの師に仰いでいます


この3つを活かしてお伝えできるものがあればと日々学びです

そして対面での経験も非常に大きなものですから

学びは怠るわけにはいきません


ただ 元旦那さんは占い系のテレビなどがあっても

「人の悩み聞くだけか」など後ろから言ってきますね


いろいろな彼の言動に最近は情けない人になってしまったなあと

思えて仕方ないのです


くそおおおおおお!と思うわけですが・・・まあそこで言い張っても

仕方ないので特には言いませんが。。。


彼は今身強の中での天中殺ですから事故などもそうですが

字は違えど「自分を省みる」ことがとても大切ですがそうはいかないようです


非常に人を見下す言い方もしますから、、これはこの天中殺をどう乗りきっていくのかです


先日単独事故してました(車へっこんだ程度ですが)


そして生活の中途半端さが子供にも伝わっているようです


もう昔みたいに「パパ~」とはいかない年齢 それぞれに意志がありますから


それもどうも許せないようですが 恐らくそれも私のせいにしているでしょう


「もうあなたの行動を子供にフォローできない」と言ったら

「母親失格だな!」と叫ばれて電話切られましたから・・・・。


子供達も気づいていますよね、、、ここではないところで癒しを求めている

父親の姿を。


そして、帰宅しない父の事も口にしなくなりました。


「俺は悪くない」という人ですから子供もついてはいけないのでしょう


今回 私の申請で持続化給付金をいただけてこれは本当にありがたいです。

これで鑑定所を少し変えて本当にこの道でやっていくという背中を押されました


コロナで鑑定所が全て閉鎖されてデパートなどの鑑定が出来なくなりましたので

申請をさせていただきました


鑑定所の家賃もあるので助かりました。。。


「起業してんだろ!」などなんか嫌味を言われたりもしていましたが・・・

起業というよりも収入が複数になっているのでそれで自分で申告をしてきたという事です


「1主婦が子供3人いてそこまで収入を得ることはできない」と言っても

「主婦じゃなきゃいいじゃん」と言われたりもしましたが・・・

(もはや意味がわかりません)

でもそれでも今回の給付金はこれからの本当に背中を押していただけるきっかけになりました


実は鑑定所もこのままでは対面などどうかなあと閉鎖すべきか迷ったときもありましたので。


まあ、鑑定士もただの人間です

日常はいろいろあります

ただ本当に出会いだけは嬉しいものです 

人に恵まれているというのはこの年齢になってくると本当に

感謝でしかありません


皆の笑顔に支えられ生きていることを実感しています


自分の人生はいろいろあったように思います

そういった経験がその時は死ぬほど辛くても 今はご相談者様に寄り添える糧になっています


これからもがんばります!