• keisyu

まあ、こんな感じの私です

先日の火曜対面鑑定は一日いろいろなお客様やリピーター様に

お会いできてうれしい限りでした(^^)


&私のかわいいお客様からとても前向きなメールもいただいて

嬉しい限りです(どんどんすすもおおおお)


そして唯一の休みの水曜となり

「どこも連れていってない子供たち!さあ!いきましょうぞ!」と

相模湖のプレジャーフォレストへ


体が大きくなって もういいだろう…と思うのになぜか好きらしい・・・。


で、おにぎりを握って(節約)家にあるお菓子をもって!

いざ!いざ!


まあね、、、高速のってね、、来てね、、、こうなりますよね。。

事前に準備しないとこうなりますよね、、下調べなし

休園という文字に愕然とするおバカ一家・・・



本当にだれもいないような公園を散策。。。

子供たちもあまりぶーぶー言わずにいてくれてよかった・・・

もちろんここも無計画なので、、どこがゴールかわからず。。。


そして、ここら辺でどこか楽しめないかと自販機の聖地


ここはあれかな?ニュースで若者が貴重な自販機を蹴り壊したとこかな?

ここにきてレトロ感をせめてレトロ感を楽しもうと思ったけど、、

思えば子供たちにはレトロもなんも関係ない時代に生きているのでいまいち

この昭和感は楽しめないらしい。。。まあ、確かに


なんか樽の上で食べましたけど、、小さなごみなど片づけずに撮影してすみません

これもレトロか・・・いや違う・・・


そして次は大宮の実家の母のもとへいき、お年玉回収ミッション!!

これがあるから子供たちはおとなしく車に乗る(一日の走行距離がすごい)


そして私にはお金は出せないが体力は出せるという親孝行法として

「灯油3缶運びまくりミッション」をしております

大体10日に一回やってます 田舎出身の祖母と母のせいか・・・灯油の減りがすごい

ごいすううううううう


なので無くなったあたりに一気に3缶をガススタに汲みに行き

一気に運びます(Tポイントはちゃっかりいただいてます)


ただ最近はいろいろ考えることもあり、97歳の祖母と77歳の母の二人暮らし。

母も随分と体が動かなくなってきて数歩歩けば はあはあ・・・と。

生命維持装置がはずれかけている・・・。


でも「おかあさんが動けるうちは・・」って祖母をみようとしているけど

「お母さん、動けてないから!」の日々の会話。



もう老人ホームやまたは母の姉妹で話し合うべき時期だよって言っているんですが

どうにも、、こうにも、、、


ただ問題なのは母が30キロの体重となり何もかも通常運行ではないという事。

もっと私も娘の責任として接していかないといけないなあと思ってます。


免許も返納してほしい、、、ただケアマネの言う

「おばあちゃんを預けたら今度はお母さんの介護が始まりますよ」という

言葉はほんとにそうだなあと思います。

その覚悟があるのかどうかも自分に問われますが、


ただ長男の健康も気になります。。。


これから退院してきたら食事面は気をつけていかないといけないので

そういったところをどうしていくかですね


今年は壬寅ですので、流されるままも良いのかもしれません

なるようになれええ ですが、、、

それだと性格上後悔しそうな気も・・・・


これもゆっくり母と考えていきましょうかね

私の好きな天王星と一緒に1月19日まではあれやこれやと考えます