top of page
  • 執筆者の写真keisyu

アレグリア&友人の相談

テレビで観て6月までが東京公演と知って、行ってみたかったので

チケット取りやっと観にいけました!!


行ってみると席は後ろから2列目的な感じでしたが(前から二列目くらいだろうと思っていた私どうしてそう思ったのか💦)


グラディエーターみたいなムキムキの方へ熱し線を後ろから二列目から

送る私💛最高やないかああああい!


最初はステージ小さいなあって思ってたんですが、それはすぐに払拭されました


芸術性、そして柔軟性と力強さ、静と動 これらがステージを小さいと思っていた

私を払拭させました!

素晴らしいという一言で最後までみれました!!


最後のフィナーレのみ撮影が許されます


プロの仕事というのでしょうか そういったものを生で感じることができ

それぞれの方を信じてこその演技であり技術と鍛錬という点では

ほんとに学び多きものとなりました


一人で行って、最後に他の方が「よかったねえ すごかったねええ」と

お友達や家族と話しているという点では・・・一人かみしめて(涙)

帰路につきましたが、良いものを見させていただきました!


本当にアレグリアの皆さま ありがとうございました!

また演目が違った時などには是非また足を運ばさせていただきます!!


余韻にひたりながらそしてフィナーレの動画を繰り返しみながら

本当に良かったなあ!素晴らしい!と思いながら 写経する私


「プロ」というものに直に触れるというのは良い経験になりますね!


どれだけ日々積み重ねているのか、ステージで最高のものをみせるために

日々どれだけの努力をされているのか、、相当なものだとわかりました


やはり直に感じるというのは貴重ですね


帰宅して長女が作ってくれたカレーに満足してそして今はまた

気持ち新たに鑑定のお仕事をさせていただいております


今日は友人の相談にも乗っておりましたが私は上げ鑑定はしませんので

今の心境や流れはそのままに出たままにお伝えしています


負荷の部分、ウェイトを嫌でも置くべき部分、そして言葉の裏にある

本心というものを尋ねることもありますがいろいろな部分があって

自分だと思いますからこちらから伝えるべき事は伝え最終ジャッジは

勿論 自分 です。


移動すべきでない時に動くのであればそれは覚悟を持ってという

事になります うごいてみてダメであればまたその時考える他には

ありません


動かずに忍耐とするといことであれば今をじっと耐えしのぶという事。

ただどちらもこれは学びです。


限界は人によって違います。動かない時期であってももう限界であれば

捨て去る事 それもまた学びになるのではないかという解釈です。

ただ捨て去るという試練は出てきます


特に土星と冥王星の角度は非常にきついかもしれません(今回の

友人がまさにこの角度です)


ただこの友人は動きたいという面があるのでそこに対しての助言もして

そしてその部分を学びに変えるという事でした

(学びの位置に土星がきていますから)

実際にはそれが一番良いと思います。来年からは仕事改革を自分でしたい

そうなのでそれまでは短くつなげていく事を提案


そして今は向き合うべきものに向き合うべき時 


納得したようなので良い結果となっていくはずです(^^)

友人は算命学でも主星 龍高なので自分での企画アイディアを通せる

仕事が良いので逆に言えばその部分がまかり通らないと忍耐になるか

動きたい!となれば爆発的なエネルギーで動くというのも

質ではありますね・・・。

私も二個あるのでよくわかります💦


来年 動き出せる準備を今年はするという事でそれが得策だと

思います


このように自分の質を知って決めていく事は大切です

一度立ち止まる、そして動き出すための決断をするというのは

大変ですが一番なりたい自分になれる近道だと信じています


只今未明ですが・・・

今日も良い一日となりますように♡




Comments


bottom of page