• keisyu

タロットリーディング(同僚との仲)

今日はタロットの会でございました(^^)

タロットというのはどうしてもリーディングするときに自分で読み解き

伝えるのでやはり個人差がでます


そんなときに数人で引いたカードに関して意見を出し合い、そして

先生に ずばっ!と言っていただくというのはありがたいですね(^^)


なるほど~そういう読み方もあるのか!納得!!みたいな感じですね。


タロットは読み手に左右されますから元の意味ははずさず、、その裏になにが

隠れているのかというのを読み取ることが大切です


では本日のゲストさんのお悩みは

最初は仲良かった同僚の方との仲がどうもある時から悪くなってしまった。

ただ話はするけれども明らかに以前とは違ってしまった・・

自分はどうしていけばいいのか。。。という内容です



そして出たカードはこのようになりましたが



まずは過去性の位置の死神・・・やはりお二人はどうしても相容れることは

ない、または相手の方が言葉は悪いですが自分にとって不要と感じたら

切る 強さを持っている


死神はある意味でのターニングポイントです。

お二人に何かそれを示すきっかけがあったとも考えられます


実際思い当たることはあるそうです


まずタロットリーディングは全体をみます。

パッとみて彼女(同僚)とご相談者様は 剣と聖杯(風と水)

表面的にはうまくやっても内面ではやはり相性はそこまでは良くないでしょう


さらに実年齢より若いカードまたは剣が出ると私は注目します


剣は情をはさみませんから何等かで 切る 傷つける という陰のものが

二人の間にある そして若いカードはエネルギッシュではあっても

柔軟性が欠ける面があるとも見ます 


ご相談者様の位置には聖杯7逆ですから かなり悩んでいる中でも

少しだけ前よりはクリアになった面もあるとみます


ただ現在の位置でも剣9逆ですから ここも幾分か気持ち的には前ほどでは

ないとしてもどちらも迷いのカードではあります


割と話していると優しくて受動的なご相談者様なので、上手く乗り切っておられるかなと

思っても、カードの通りかなり夜も考えてしまったり、追い詰められているような

心であったといいます。ですがこれもカードの通り前よりは少しだけ割り切れてきたということです。


さらに近未来の位置、アドバイスの位置でも聖杯プリンス逆と剣プリンセス逆ですから 

彼女としては深入りしてほしくないのでしょう


この剣プリンセスの位置は4にあたりますから5(同僚の彼女)と6(ご相談者様)

の関係性を示しています=不安定さですよね 4,5,6の逆三角形のつながりも重要です


では、私はどうしたら・・・?という事を見ていくのは7(最終の位置)です


聖杯プリンセスです。なんだかここだけが楽しそうです


聞けばその方以外はみな仲は良いとのことでしたから

やはり剣9の苦しみの状態は長く続いてはいけないことを示しています


また私とちがって(-_-;)ご相談者様はとても受け身的で優しい方ですから

相当に長い間心を痛めていたのでしょう・・・そこから出なければいけません


結果としてやはり最終位置(7)聖杯プリンセスは内なる喜びを示します


全体からみてこの同僚の女性とはうまくやっていくというのは難しいでしょうで。

さらにこの方は かなりプライドもあり、勢いのある方で

さらに自分にとって不要な方を容赦なく自分で捨てられる方であるはずです


ならばその方とは最低限の表面的なお付き合いにしてあとは自分を楽しむという

事です。


その場に心を留め置いてはいけないということです



昨日の恩師のお言葉は

「ここに出ていることはあなたの生きて行く中での勉強よ。」との事でした


なるほどおおおおおおお ですね。


タロットリーディングは1枚1枚でじっくりご相談者様と向き合いながら

読み解いていくということも大事ですし、またご相談内容に関して

メールでお返事する時は カードの意味をいくつか提示させていただくことも

あります


あくまでも基本の意味は外せませんがその中に何が潜んでいるのか、、、

を見ていくことでご自分に落とし込めるということがよりタロットと

繋がれるはずです(^^)


今日はタロットの読み解きについて書かせていただきました♪


タロットに触れてみたい方、またはタロットって・・・という

かたは ワンコインのタロット3枚引きもご用意しておりますので是非

どうぞ~




またお問い合わせもお気軽にお待ちしております(^^)