• keisyu

ホロスコープから見る恋愛模様 その2

では、今日は恋愛模様その2 

間に違うコラムも入ったりしますが、これが私の三角食べのような性格ですね


一個を継続できないので、今でいえば西洋占星術 算命学 タロットの

この3点でやっていくのが自分に合っていますね。。。


どれも深いので、、時間で区切って勉強したりしています(^^)

どうにも一個をずっとができないのでこれはこれで丁度よいですね


さて、恋愛模様も大事ですが 例えば自分または相手のホロスコープの

4ハウスに土星がある方、、、


私には注目すべき箇所がいくつかあって、ホロスコープにおいて特に

ここを見るという一つです


土星がある方はご自分の育った家庭環境において束縛かかったものや親からの

プレッシャーのようなもの躾の厳しさなどが幼少期においてあったとみます


鑑定で見させていただく方も確かにそうであったという方もほとんどですが

ただ結婚された今でも家がなんとなく落ち着かないという方も多いですね



土星は制限を表すこともあるので、やはり家庭内での制限が自分にかかってしまうという

ことが言えます

ただ不思議な事に出戻る方も多い傾向かもしれません


土星がある方は若い時に家を出てしまったほうが自分の世界は広がると思います


恋愛と結婚はもちろん別です。ただ、このような方はもちろん全体を見てみないとですが

結婚した場合にどこかに目をむけながらバランスを取りながら生きて行かれるのが

良いと思います



ただここに土星ではなく7ハウスをトランジット土星が運行しているときも

パートナーシップに関して関わってくるのでそれはそれできつい時期かもしれません


自分のネイタルを知ってみるというのは恋愛や結婚には良いですね


恋愛では5ハウス ここは獅子座のお部屋ですからここに太陽がある方


これが前回の1でお話した切り替えの早い方=配偶者、異性関係に恵まれやすい方に

なります (実は私、、、ここに太陽です うふ)

 こんな経験はありませんけれど↓



逆に男性では同じく金星や月が1,5,7,8にあると女性との縁が強いと見ます


男性で土星が5ハウスの方、、、恋愛に引っ込み思案でママ好きかもしれません

恋愛も少なめ傾向です   が!!年齢が行くと魅力がまします



男性ですと金星が2,7ハウスにあると人生において女性とは切っても切り離せない

かもしれませんね


何らかの影響はおおきいはずです

月が4ハウスにある男性も同じです


恋愛にも絡めてですが 天頂のMCに女性なら 太陽と火星

男性であれば月と金星が近い方は異性との縁は強まってきます

(ここは個人の社会的な位置ですので 社会的に言えば縦社会やまたは上下関係も

含まれますが、異性というのも関わってきます)


太陽5ハウスのかた、、、恋愛がたのしくて 結婚が少し遅くなるかもしれませんし、、、



「結婚しても恋愛したーーい」という感じになるかもしれません


ただ私含め太陽5ハウスの方は元気ですね~

そしてなんだか忙しい、、、


私数年後にここに冥王星が乗ってきます。。。


どうなることやら。。。です


今日もつまみながら書いてしまいました。。。


恋愛はどこまでも深いですし、おもしろいので 書くことが尽きませんね


あと、お仕事などいろんな事をコラム的にかいつまんで書きたいのですけどね!


では本日も「そこまでかーい!!」と思われたらすみません。。。

自分で書き止めないと、、どこまでも書いてしまうので・・・。


ではまた次回お楽しみに!!


皆さん異性関係での迷子になりすぎませんように。。。