• keisyu

二年ぶり人間ドッグと伝えたい事

さて二年ぶりに人間ドッグに行ってきました

私は来年東西に害が回り、そして命式でも土が多いので

胃腸系は気をつけなければなりません


二年ぶりなので(二年間体重はかってない)

前回は体重を先に書くのですが(申告)実際に計ったら


「これでいいですか💦?」と言われた・・・。

申告より6キロ重かった・・・。



あ・・・はい・・

と・・・今回は二回目というプロ(?)になりましたのでね


運動も欠かさず行い、そして挑んだ

鼻からの胃カメラは午後になるので前日の21時からプチ断食


どんなものよりも体重・身長が緊張ですが・・

前回より2キロちょっと減量(二年でか!)・・・。

まあ、、増えるより良い

という事で、眼圧、眼底、聴力(これ超自信ある)、血液、

肺活量(これだめだったなあ・・・)、内臓エコー、胃キャメラ、

肺レントゲンなどこなしていき、終了


BMIたるものは普通体重ってやつで、もうね、、、

理想という言葉は捨てて、普通でいいと思う45歳


みなさん・・・バランスですよね、、


胃キャメラでは 「よだれはだらだらと垂らしてくださいね」と

言われて 「はい!変態なので得意です」という元気な返答を

心で(もう管が入ってるので心で返答)こたえました


これだけは「上手」と言われる私。

でも、内臓エコーでも「見やすいですねえ」って褒められた。


普段褒められない私、ここで二個も褒められた


血液でも、「あの~いつも取りづらいって言われて」ってちょっと

か弱い感じ(?)を演じたら

「見た感じ取りやすそうですよ」って言われていとも簡単に

採取完了。。変わったのかな。。いろいろ。。



胃には二年前と同じ場所に良性でしょうというポリープちゃん。

「今回もこんにちは」ということで お持ち帰り。


あとは検査結果待ちだなあ。。。

でも内臓エコーとかってのはやはり1年ごとでもいいとの事。


日常は不規則、睡眠バラバラ、運動はする、

食生活は子供にしっかりと食べさせても時分は乱れがち。。。


シングルなのでね、、まだ倒れて迷惑はかけられないという事で

今回二年ぶりにやってみて、、やっぱり必要だなあとおもいました

市の検診や人間ドッグとか何かしらは必要。

長男に何かあれば腎臓を!とおもっているので、内臓エコーもしっかりと

受けていこうかなと思いました


胃キャメラはきついけど、、でも変態性のせいか終わってすぐに

「わるくないわね。。」と思えてしまう私(みなさんもかしら・・・)


一回目でも「初めて??上手ねえ」とよだれだらだらの私は褒められました


あまりに画像を見過ぎて「たまに、下向いてくださいね・・」と。。

(皆さんは直視してますか??)


当日に血液検査だけ参考にと結果をもらえますがすべて範囲内にありました。

運動のおかげ??


最近は友人も甲状腺の検査やら四十肩やらいろいろと出始めてます。。


長男も本当に偶然で見つかりました

なんの症状もなく偶然に見つかりました

あのまま何も気づかなかったら・・・と思うと本当に奇跡なのかな。。

あの時不思議と「大きめの病院で」と思ったんです


すぐに調べて予約して、検査しての結果としては驚きでした


ある種国内で初になるかもという事で研究対象になるそうですが

それはもうこれからの未来のお子様たちの役にたつなら本当に

そうしていただきたいと思います

少しでも未来を決め始めた子供たちの何かに役立つなら。


そして、お子様からのサインがあって これ程度で

大き目の病院に行ってもいいのかしら・・って思わないでほしいという事。

確かに判断は難しいかもしれませんが、我が家の長男は心臓が痛いという

事で、数回はかかりつけ医で心電図では問題なしでした。

(心電図などでの検査を促されていたので)

また今回も学校の検診でひっかかり、「よし!今回は安心を得るために検査しよう」

思えたんです。

いつも再検査では問題ないという事だったので今回もかかりつけ医か迷いました。

でも、「いや、今回は違う」安心をもらおうと思えたので。。


結果は心臓は全く問題ないが・・・という事でした。


これは偶然の1例ですが、我が家のように小児の疾患であっても

小児の域を超えてなることもあるという事。。


本当に症状がないという事が一番の恐怖でもありますが

成長痛と言われたこともあり安心していたこともありました


病巣はいつからできたのかは判断不可ですが、でも

手遅れになる前に、判断されてみてください


忙しいから、いつも大丈夫だといわれたから、、

成長に伴うものかな。。今はおさまっているから・元気だから、

食欲もあるから・大丈夫?ってきくと大丈夫っていうから・・・。

大きい病院までではないかなと思うから・ネットでみたら大丈夫そうだから・

運動もしてるから・成長痛の一つだと言われたから・・・・


結果としてこのままだったらもちろん命に関わっていたと言われました。


長男は耐え抜きました。。本当に今思うと、彼はベッドでいつもどう

思っていたんだろう・・窓側でないベッドで彼は何を思っていたんだろう。。


救いは良く連絡をくれたこと、洗濯物がある、○○が欲しい、暇、つまんない、

これから検査、副作用、ごはん飽きた、吐き気がするから連絡少しできないよ。などなど

割と甘えてくれたことも良かったのかなと思います。


明日いくね、今日いくね、夜だけど少しいけるよ、という風に通えたことも

良かったのかもしれません。


一度も「うざいから来ないで」というのがない我が息子

 かわいいじゃないの!

髪の毛抜けちゃったけどなんか赤ちゃんの時みたいで可愛いね(^^)って

言えたり・・しかしこれは辛い。。


入院中ポケモンカード(レア?)か何かが当選で当たりそれを取りに行く

任務の時はさすがに「誰かに襲われなか・・・」とドキドキでしたが

息子の喜ぶ顔のため!あたいは守るよ!このレアカード!(知らんけど)って

感じでした


実際超怖かった・・・なんもなかったけど・・・

もうブツを運ぶ人(やったことないけど)のように車に乗るまできょろきょろ


ありがとうの一言では足りんぞ!  今となれば笑い話


言いたい事は 是非検査を・・・これだけです。

長くなってしまいましたが・・・

今日はそれを感じたんです


ご相談でもお子様のご相談は多いです。

ただ私が変わったのは「生きていればこそ」と思える事を体験として

感じました。

生きていれば希望はある・・・と実感として思えることが変わりました


長男の生活のいらだち、私にぶつけることもありますが

それも生きてるからこそ・・・喜びに変わります

(すんごい後からだけど・・・)


是非是非日々の言葉を見逃さずそして受け止めて判断されて

みてください


人間ドッグと長男を通して痛感してます

過去にママ友を子宮頸がんで亡くしています。

「忙しくて自分は後回しになった」という事でした。。

兆候はあって、でも育児に忙しくて(私もそれはわかります)

でも病院にかかった時には「なんでここまで放っておいたの!」と

言われたそうです。。。(不正出血があったけれど乱れてるだけと

思ったようです)

育児に追われるママさん、わかります!私も膀胱炎やってますし。

後回し後回し後で明日、来週、来月、まだいいかな・・・

だめです。。。


知らない間にしのびよってます。前に書きましたが

次男妊娠中は本当に上二人に振り回されて、自分の事は後から、子供たちが寝たら

自分も食事をしよう、お風呂入れたらゆっくり寝ようが結局できず

検査結果は「飢餓状態」でした。。。

次男に影響を及ぼしてました・・・

是非是非周囲の方と協力しあって自分を含めた周囲の方を守ってくださいね


では長く長くなりましたが・・・

これにてドロン(ふるい・・・)