• keisyu

冥王星からのエネルギー

私が西洋占星術の中でもすごく着目するのは冥王星ですね。

「極端」というのが冥王星をご相談者様にご説明する時に

良く使う言葉です。 自然と「極端」と出てしまいます。それほどに

冥王星の力は無視できないと思います


私は2ハウスに冥王星がありますので

収入が多いか少ないか「極端」もしくはギャンブラー気質、

そして今のところはありませんが不正な収入も指します(おっと)

大きなお金までいかなくともゲームセンターでのコインゲーム

とまりません。。。子供達に促されてそこを去るという感じです



例えば親御さんが「子供の言動が・・」と気にされたりして来られた時に

冥王星がそのお子様の12室、1室にあることも多い気がしますね


決して悪いということではなく

「自我の爆発」などすごい力を秘めているということです。そして

いつかブログで書こうと思いますが、お客様のお子様で非常に「今」を

心配されていたので天体図を出してみますと、12室にあり、それだけではなく

角度的にも強いものを持っているという事がわかりました。

(強さにもいろいろな意味がありますがそれはまたブログにて)


この今という瞬間に天を巡る天体(トランジット)の中でも冥王星の強さというのは

強大です。



私のホロスコープでは現在5室を運行中ですから、楽しみ方 子供 起業など

いろいろなことに心が穏やかではないような流れもあるかもしれません


それは「このままでいいのか!!」という強いエネルギーが来ているということですから。

その中でもがいて新しい道を模索しながら日々を送るということですね


さらに1,4,7,10というハウスを運行しているとさらに強い流れが自分で

感じられるかもしれません


なんといっても無意識に来てしまうので、地球に生きる人間が今どんな状況であるかなど

無視です


「風邪ひいてよわってるんで、、いまはちょっと、、冥王星さん」というのも

一切関係なく来ますね。



鑑定をしておりますと、冥王星が抜けるまでの10年以上の間というは非常に苦しい方も多いですが、冥王星だけによって生かされてるわけではないので、その間にいろいろな事を経験しながら10年ひと昔というような言葉が当てはまります

(ただ簡単に大変でしたね、、と片付けられないのも冥王星です)

その限界までをゆさぶるようなものを突破していくということになるわけです

それこそが冥王星の力である根底からの変容です





ふっと鑑定をされてみる方の方がハウスや星座の境目に天体がある方、または角度で新月、満月、冥王星との関係を持つ方が多いと思います


私はお伝えするだけではありますが、たまに鳥肌もの!という方もおられます。

今お伝えできてよかった!!!というような感じですね


なにかざわつく!という方は是非一度見て見られると良いと思います(^^)

疑問、不安点があればお問合せからお気軽にお待ちしております


なぜかおじいちゃん、、、