• keisyu

占いってどんなもの??



占いは身近な存在

皆さんにとっても「占い」という言葉自体はとても身近なものかもしれません。 本屋さんの「占い」コーナーでは星座別や、ユニークな名前のついた楽し気な占いの本などたくさんの占いの本があります。また、最近では電話やネットを使った占いも多く、気軽に関われる時代にもなってきました。

「占い?信じない!嫌い!」という方を除けば、どこか神秘的でまたどこか不思議さを感じる「占い」というものに一度は惹かれた方も多いのではないでしょうか? 占いとの出会い 私の「占いとの最初の接点」は子供の頃に姉が買っていた、当時非常に流行っていた占いの専門雑誌(あれかな?と思われる方も多いかもしれません)だったと思います。 当時は「星座からみる自分の一か月」などを食い入るように見ていた記憶があります。そして姉が雑誌内で販売されていた小さな丸い球に★のマークが描かれたネックレスを購入し、すごく神秘的で感動したのを覚えています。「あぁ!これを身に着けると不思議な力が自分に与えられるのでは?!」という感覚ですね。 多様な占い 占いは大昔から動物など自然のものを使用するもの(亀の甲羅など)や、自分の生年月日などから導くもの、手相のようにその人を見てそこから導くもの、タロットのように抽象的なもの、西洋占星術のように統計学的なもの・・・など本当に多種多様です。

どれに興味を持つか、それもご自身とのご縁だと思います。ご自分で合うものを見つけてみるのも楽しいのではないでしょうか?組み合わせてみてもまた興味深いですね。

数ある占術の中でも「西洋占星術」と「タロット」、私はこの二つに強い繋がりを感じています。

それはどちらも「火・地・風・水」という属性を扱うという事や天からのエネルギーが根底にあるという共通性がそう感じさせるのだと思いますが、実際に西洋占星術で占った際に「火の属性」が強い男性を続けてタロットでみてみると、不思議とワンド(棒)系が出る事が多くあります。タロットのワンド(棒)は火の属性ですから、占う側として非常に興味深い結果が導きだされていると実感いたします。やはりこういった時も共通性を強く感じるのです。

さらに12面体で数字と星座記号が描かれたサイコロ「アストロダイス」を加えてみるとまた興味深い結果が出て来ることがあります。このように違う占術で補いあえるというのも占いの醍醐味であると思います。 占いとは

「占いとは?」と聞かれて即答となると実際難しいというのが本音ですが、

「自分に立ち止まるためのツール」

と言えると思います。

何かに迷ったとき側面から見てみたい、自分が焦っているときなどに一度立ち止まって考えたいという時に占いをしてみると思ってもみないメッセージが訪れるかもしれません。

もちろん鑑定結果を受け止めるのも、抗うのも人が決める事です。

占いとは目の前ばかり見てしまう自分、視野が狭くなった自分が今いるとすれば自分自身を高いところから見つめてみるということが出来るツールだと思います。大事なことを忘れしまっていませんか?という問いかけをしてくれるものだと思っています