• keisyu

大勢の組織的なものから個人へ

生きている間にもうないだろう!というこれからくるグレートミューテーション!



勝手に騒いでいるのは私が水瓶座だからでしょうか!

(どうか勝手に騒ぐことにお付き合いください・・・)


「地」の時代から「風」の時代へとなるわけですから

やはりいろいろな変遷も出てきますよね 

それも200年の流れの交代となるわけですからこれは放ってはおけません(?)



土星と木星の重なりのグレコン グレコンなどと略して使われていますが

グレた やさグレた 結婚ではありませんよ・・・



これは20年に一度の出会いであり、木星と土星というだけで

とても反対な性質に感じますよね(^^)


土星は先生、翁、老人のように表すこともありますが抑制でもあり

見直しという天体でもありますよね


この土星が巡るハウス(宮)は定期点検をされていくということになります


かたや拡大、幸運、広がりをあてがわれる木星はまさに自分のネイタルの天体の

上に乗るとちょっと嬉しい感じもします


また木星回帰は12年に1度ですがジュピターリターン あまりジュピリタと

略すのは聞きませんが これは幸運の一年なんて言われたりもしますね


さてこの 「THE公務員的な土星」と 「どうも拡大です(^^)」という木星が

重なるわけですから 最近よくテレビで聞くまさに

「アクセルとブレーキ」これがあてはまりますよね


「俺はもっとスピード全開で風を感じたいんだ!」という木星さんと

「ここは40キロですから!」という渋滞をものともしない 堅い 土星さん


ただやはり心理占星術でもそうですが、この0度 90度180度というのは

トリガーになります このような引きがねがなければ物事は起こらないという事です。


ですから、このグレコンというものは抑制と拡大という爆発的な引き金にも

なるという事です。このようなものが降り注ぐからこそ動ける自分というのもありますよね


さらにそれがこれまでは地の星座で起こっていたものが風の星座で起こってくるというので

これが200年ぶりのグレートミューテーションとなるわけですね ふむふむ


このような昨今というのはまさにうねりの中にいるからこそ、

このような世界的な現象のようなものが起こり得るとも

言えないこともないのではないかと思います


ですから 組織にしがみつくのではなく個性を出していく時代、

そして水瓶座や天王星の副業という時代になってきたとも言えます


もっと自由に・・・苦しいなかでも模索していく時代

なにかにしがみついているのではなく、情報(これも風のエレメントの持つワードです)を

駆使して自分に何ができるか!?というものになります


水瓶座と天王星は新しいもの、直感、流れ、情報、変遷というまさに改革を示しています


自分の中での改革を起こすムーブメントのような組み合わせの中に突っ込んでいく!という

状態です


私も来年はタロットの講師を致します これもまず模索から始まりますが

どうやって個性をだしていけるかというのも楽しみですね


そして副業の年となります

大変ではありますがしがみついていた安全な木から飛び立つむささびのような

気持ちです。


このままではいけない、まず飛び出してみよう!ここはとってもよい木だったけど

もっと世界を広めてみたら自分の世界が狭かったんだと気づくかもしれないという

感じですね



また、今まではここで温存していたかもしれない、、

もしかしたら飛べない飛べないと思っていただけで、本当はもう

とべるかもしれない、、風に乗って、その風が追い風になってきたら

いろいろなものを見降ろせるかもしれない!!


本当にそんな心境です(^^)


さあ!皆さんも飛び出す時が訪れてきていますよ(^^)

こんな時だから・・・・ではなく こんな時だからこそ!という

気持ちで折りたたんでいた羽を広げてみてください



実は思ったよりも立派な羽だと実感できるかもしれませんね!!


ではこれからの幕開け これまでの防衛の時代は終わりを迎えます


私も勇気をもって突っ込みます!皆さんを心から応援しています!!