top of page
  • keisyu

日干から自分を覗いてみましょう

最近は呪文のように頭にくるくる巡る時がある言葉の一つに

「木火土金水」もっかどっこんすい モッカドッコンスイ これを唱える



さてさて人は生れ落ちた瞬間から自然の一員になるというのが

自然学というもの。(私はこの捉え方好きですね)


西洋占星術もそうですが人間というものは世界の王者では全くなく

自然界の一員なだけであってだからこそそこからエネルギーを享受して生きていくという

こと・・だけのこと。


ここで人間が絶対王者であるという考えの方ではこの算命学も西洋占星術も

「あ、そう」ということで終わってしまうのでしょうね、、、


ま、それは捉え方なのでそこは省かせていただいて、、、


まず陰占と陽占というものに別れていきますが、本日は陰占を見ていきたいと思います


ご自分の命式は簡単に今は便利~な無料サイトで出せますのでこれこそありがたい時代ですね!!


「陰占とは自分とはいったいどんな器を持ってうまれてきたの?」に

答えてくれるものであります


これだけではもちろん一人という人間を推し量ることはできません


ただ自分の資質を知るということは西洋占星術と同じですね