top of page
  • 執筆者の写真keisyu

昔の言葉を思い出した 昨日

今日はタロット講座も終了 ありがとうございました^^

そして最近の私の「無」の修行の方法


いろいろあると思いますのであくまで私の!という感じですが

YouTubeにて般若心経を延々とお坊さんが太鼓と共に

唱えるものを見ながら、そして般若心経を口ずさみながら


スマホにて運動のリール動画をまわし、1時間やる

まだまだ修行半ばですが、汗をかきながら心を「無」にする

修行中。終わったらシャワーですが、整った!と思うのが

気持ちよし!


娘がバイトから帰宅。暗い部屋で般若心経を唱えながら

汗をかく私をみて

「ママ!なに?!こわ!ママが~変な宗教にはいったあああ!」と

叫んでいた・・・このため集中終了💦

さて、今日も無事に終わりまして、昨日はバイト先の

男の子がセッティングしてくれた会食^^


若い二人と私💛いろいろと話して、若い子と接して

私の思う事、感じた事を伝えて・・・そうしている時に

ふと思い出したのは私にこの道を指南してくれた方の事。


もう亡くなっていますが、「この道の勉強した方がいい」と

言ってくださり、また亡くなったあとに弟さんが

「姉は若い子に言葉を伝えていたようだ」と。


昨日そう思えたのは、自分がこの年になり、そして若い子の

思い悩むことに触れて、そして「力になれたら」と思える事。


あの方もそう思っていたのかなとも思う。そう理解できた。

これからを生きる世代。私は挫折が自分を強くすると思っています。

だけど挫折したままでは前に進めない、手を差し伸べてくれる人に

飛び込めない。結局自分をそこで止めてしまう。。


あの方も当時の私の背中を押してくれた。

ある意味では言葉を伝える事、その人を視る事、命を削る事も

あるように思う。

でも、私自身は精神的に欠損している部分があるからこそ

その部分がカバーしてくれているように思う。


知りえた人には正直に言っています。

心の友は言う

「欠損部分があるからとびぬけている部分がある。そこを埋めなくても

ないものを得ようとしなくていい」と。

そうかもしれないと本当に最近思える。

だからこそクリアに感じれる時もある。そのままに伝えられる事ができる。


誰にでもというわけにはいかない。でもこの人には伝えるべきことが

あると思えば伝えていけたらと思う。


親友はそんな私の事を理解している。

だからこそ否定もしない 「本当はすごい事だと思った方がいい^^」と

いつも背中を押してくれる。でも簡単ではない。人が理解しづらい部分を

言葉にすることは簡単ではないけれど、でも昨日の若い子のように

抱えてきたものを少し私に背負わせてくれるならそれも喜びとなる。


私はあくまで何かを指示するとかでなく媒体の立ち位置。


それでも失って気づく事がないようにしてほしい

失ってから気づくことがあればそのメッセージから動きだしてほしい


昨日はふと昔のあの方の言葉を思い出せた私にも貴重な一日。


生前はとても人に尽くされたのだと思う。

今はゆっくりされているのかな・・

いつかまた再開できたらゆっくりとわたしは私を

全うできたのか聞いてみたいかな。。。

それまではなんとかがんばっていきます^^


若い子たち!!がんばれがんばれ!


Commentaires


bottom of page