• keisyu

未知の世界

鑑定所が一か月のお休みに入りますが自分が発生源にならないこと

そして家庭に持ち込まないことからすれば私は安心しました


長男、次男がこんな時といってはあれですが

恐らく成長痛での肺の痛みがあるようで(前回成長痛と判断)

かかりつけ医の病院に電話してみて症状をいって

診察可能かどうか聞いてみます


ただ時期が時期ですがまずは聞いてみないとですね、、、

成長痛であればそれでよいのですが

自己判断は危険ですからコロナではないですが(この判断もいまや

難しいですがとにかく自粛してましたので)

子供大半の、胸の痛みは成長痛であってまれにまれに

大きな病気が隠れているので続くようなら受診をと(そりゃそうか)

書かれているので不安を安心に変えるためにまず電話!


さて私のお仕事の対面鑑定も5月7日まで一か所はお休み

もう一か所が継続とのこと、、、おいおいおいという感じです


変化があることを祈っています

どうなんだろう・・・これってどうなんだろう・・・


あと自営の方もホームセンターなのでどういう判断なんだろう


テナントの弱さでしょうか・・・


深夜のファミレスでも仕事していますが(数年前から

鑑定の仕事にシフトするために長年の務めの中でどんどんシフトを

減らしていただきついにキャラクター枠という事で月2回・・これはいいのか)


ここが時短で深夜12時になり、大学生の男子から

「月2回で4時間(22時からのため)って笑えます」と謎のラインが来て(^^)

さらに

「22時までの営業になりました~(笑)」と・・・私不要(汗)


でもママ友達も本当に今回の大打撃 保障もどこまで・・・

そっちの仕事はどう?みたいに飛び交ってます


私のこの鑑定の仕事としては 会社2か所に属し、委託契約という感じですから

個人事業主ではあります


鑑定は委託契約のようなものになりますから自分で確定申告します


なるほど(何がなるほどか・・)なのでこういった事で

入ってる場所の店舗がお休みになれば一気にお仕事も減るという事に

なりますからここからはまさに自分でのお仕事改革

「一人お仕事改革」です



でも24時間できるお仕事でもあり(お客様あってですが)

そこはありがたいのかもしれません



ですからここからはチャットの会社と個人鑑定でやっていくという感じです

恐らく今の時代こういう掛け持ちでされている鑑定士さんも多いと思います


鑑定所のかけもち、ネット関連でのかけもち、でも時代背景がありますから

どちらも貴重ですね


対面鑑定は表情やこれまでの流れを見ていけたり出たカードやホロスコープを

その場で重ねていけますからとても自分の力になりますし


チャット鑑定はお顔が見えない分 発する言葉や言い回し、そして

何を必要とされているかを見極めていくというのも大切です


このブログの個人のHPでもどう肉付けしていくか、そしてどう目に止めていただくように

するかということなどこのように何種類かでやっていくという掛け持ちの方も多いと思います


それぞれに良さもありますから多くの方を鑑定させていだき

自分の中でのものにしていくという事では学びですね


ただこの3種でもどう生き残っていくかはほんとに自分次第です(ひょえええ)


私の友人たちの

「○○(私)なら大丈夫!」「うんうん大丈夫な気がする!○○なら」という

謎の応援をいただきそれを糧にがんばっております


この未知の世界に入ったような時代ですから何が必要とされて

価値を見出していけるのか・・・努力+運 いや努力があってこその運でしょうか


とにかく時代の変わる2025年まではどうにかこうにかやっていくしか

ないですね


もう、、ほんとこれのみ・・・・↑


なんとかなんとか子供達もがんばってます!!

大人もそんな子供達のために 子供達から見習う部分って今回多い気がしてます

柔軟性あるなあと感心します


ではまた気ままにつづっていきますね(^^)


算命学も数回お休みとなりましたのでこの機会に復習しておかねば!!


では引き続きお問い合わせはお気軽に♪