top of page
  • keisyu

算命学から自分を知る

算命学の学びを得ている途中ですが、大切なのは環境であって、

例えば同じ日に生まれても環境が違えば人生も違ってくるという

事が言えます。


幸と不幸、明と暗、男と女、天と地というように

この対になるもの同士で一つという事が大事であり、

対になるものがあってこそ生きてくる・・・際立ってくるということです


何よりも大切なのはバランスです。



そして自分を知ってみるということも大切ですね。

「鑑定」「占い」というと、「怖い」というお客様がいましたが

それはどうやら「過去にみてもらったときにすごい落ち込むことを

言われた(;´∀`)」というのです。


何を言われたかまではお聞きしませんでしたが、ただ自分が

どういうのもを持って生まれてきたか、そしてそれを自分で

生かせているかということを知るのも大切だと思っています。


例えば命式(これは無料サイトで簡単に出せます)で陽占で

出てくる星の位置で方向をみます。


例えば私は中央の位置の下に「石門星」というのものを持ちます。

「南」を示す位置ですがここは自分から見た部下、目下の物の位置です。


ここに「調和、和合、協調性」を示す石門星があるので「目下の者に

対して石門星が働いてくる」とみます


石門星は集団の和でもありますが、仕事柄大学生や年下の人達と