• keisyu

算命学と西洋占星術から見る

今日は午前中は算命学をZOOMで学び、本当にいつももっと深めたいと

思いながら学んでます。



ただ人の人生を説くというのは簡単なことではなく

それに自分が見合っているのかという自問自答は絶えませんが

良い環境で鑑定ができているのでお歴々の先生方に

ありがたいお言葉をいただきながらの日々です。


貫禄というものと学びの量を年とともに得ていければ

一番それは理想ですね(^^)


昨日はリピーター様たちの鑑定DAYとなりましたが

お久しぶりの方もいらしていただき本当にうれしい限りです♪



ご自分の迷いの答え合わせという感じでしょうか(^^)

それに対して今の流れはどうかというのをいろいろな面から

見ていきます。


時には少し戻ってそこからの見直しや振り返りもしながら

今と照らし合わせていきます


やはり冥王星がかかわる方というのは厳しいことも

多いですが、ただそれは今与えられたことでもあるので

「限界突破」をしなければいけないこともありますし


または「不要」だというものを取り去ってくれますから

しがみついていればいるほどに厳しいかもしれません・・・



それでもその時期を超えてクリアになったご自分も出てきます。


人生の中で抱え込み過ぎたものの断捨離かもしれませんし、

また失って得るものを感じるかもしれません


私は数年後に冥王星と太陽が合になります


こういった仕事をしている中で自分でその時がどうなるかという

のを学ぶことも経験ですよね


「私はこうでした」という経験の引き出しをまた一段増やせる喜びと

どうなってしまうんだ??という感覚の両方ですが


楽しみに待つことにします。4~5年後あたりにその事象がきますが

今から考えてみてもやはりそのあたりは次男が高校を卒業。

長女が高校を卒業して何らかの道に進んでいるはず・・・


長男は社会人です。


母のことを考えてみてもここ数年というのは私自身が母に

携わっていかなければいけないようにも思います


また5年後からは大運天中殺に入りますからやはりこの5年というのは

動くかどうか。。の選択肢でもありますね


ここを離れ母の元で暮らすか。。。。

いろいろと人生の中でのターニングポイントな時になりそうです


天体でみても、算命学でみてもそのあたりに選択肢を自分で

選べるように力をつけていかなければいけないと示されています


リピーター様の中にも「決断の時期」を迎える方がおられましたので

時期をお伝えした以上は一日たりとも無駄にはできませんよと

言わせていただいております(偉そうにすみません!)


急に与えられてその時にどうしよう。。。よりも


この道に進みます!と決断できた方がいいですからね(^^)


そこに向かうべきという時期を示しているわけですから

目標も立てやすいかもしれません


私もそういった意味では大きな時期を迎えますから力を蓄えて

行こうと思います!