top of page
  • 執筆者の写真keisyu

終活のすすめ11動き出したら早い

さて動き出したら早い姉妹

姉とはいろいろありながらも幾分か姉からの歩み寄りがあった。

姉が本日は実家での家財処分を進め私は自分の引っ越しを

子供たちと進める



大きな原動力は 「暮らしのマーケット!!」今回は姉も当初頼んで

いたところよりも2万円も低くできるという事で暮らしのマーケットさんに

頼み、私も引っ越しを暮らしのマーケットさん、不用品を翌日にこれまた

暮らしのマーケットさん  もう連呼!!


どの方もやり取りがとても懇切丁寧💛💛シングルの私にはやさしさが

身に染みる💛やさしく~しないで~甘えて~しまうから~♡♡♡


という事でお願いしました。3階で階段ではありますがすべて込みで

5万と少しという感じでしょうか・・・お安い!!

バイクなどは友人がやってくれます。


今も入っている防音室・・これもちょっと画像とお願いしてみた。ダメでしたら

自分で運びますと 送ったところ

「もちろん拝見させていただきます!」と

やさ~しく~しな~いで~ ♡


という事で居心地の良い回答に酔いしれている46歳シングル子供3人。

人っていいなあ~と・・・

日々一人!1馬力!と思っている中で自分でできない事に対して

優しい言葉ってのはシングルには罪だわ・・・・。



おっと話がそれました。

母の転院に備えてパジャマを買いに行かねば &今までの病院の清算、

これからの病院の保証金と書類などなど準備しないと・・


そして長男曰く ブルーギル並みの薄さになった母(魚好きの長男なりの例え方)

は、せん妄はありながらも頭は元気、体は衰弱というような状況です。

寝たきりですね。動かされるのを嫌がっているようなので体力をつける、

リハビリも困難です。


そんな母の実家にいき、赤いニットがあったので「これはいいじゃないか」と

思って鑑定でも着れる♪と持って帰って昨日の鑑定で着用。うふふ

赤が好きで気に入った私。。。


母からの着信があって

「●●ちゃん!お母さんのタンスからお洋服もっていかないで!

赤いのきてるでしょ!」って・・・ぎょえええええええええええええ!!

母は衣装がたくさんあります。ブランドももっている。服がたくさん

ハンガーにかかっている。その中のノーブランドみたいなものを1枚

拝借したら・・・

出た・・・来たな!生霊ママ!

とっさに「これは●●(私の)だよ!」っていうと「そう・・・」と。


これはすごい!

今日は姉がばっさばっさと家財を捨てるので生霊に戦々恐々としてますが

仕方あるまい。


こちらが準備してもあとは母の体力で在宅に戻れるか!

既にこの性格(神経質潔癖)(もとからだけど)苦労はするだろう。。

でも母の友人に会えたり家で最期を迎えられたらそれでいいと思う。

それだけ。好きなものを食べて 好きなテレビを見て、日差しを

浴びれればそれでいいと思う



それでいいのだ!

恐らくは外にでてどこかに行くという事はもうできないでしょうから

家でわがまま三昧過ごしてもらえたらそれでよいと思う


母の転院に際してなぜか父にパジャマLサイズという電話がいったらしい・・・

どうしたって ブルーギルの薄さの母はSだろうに・・

そして鬼着信があり出れなかった・・・けど。。

Mでって入ってきた・・・まあそうですよね、、

父にはLで おもちいっぱい食べるからと言ってきたらしい・・・


せいぜいたらふく食べてもM!

という事で今日は買いに行きます

しまむらに ありがたやしまむら!


かわいいのにしてあげよう♪


二日後に転院となりますが救急病院で携わってくださった

先生、看護師さん、相談員さん 本当に本当にありがとうございました

穏やかな先生に救われました


言葉を選びながらも やはり家で七転八倒で亡くなるのはいたたまれないと

言う私に二酸化炭素がたまるという事は静かに息をしなくなる事と

おっしゃっていただいた先生の言葉で本当に覚悟がきまりました


母の状態 虚弱・衰弱からみて延命(心臓マッサージ・酸素を送り続ける事)は

おすすめしないとおっしゃってくださったこともありがたかった


一つの命が終わる・・

ならばその命の尽きるまでは本人の尽き方で送ろうと思う

働きづめだった母、少なくとも一人で姉妹を育てあげた功績は素晴らしい。

私の年齢でマンションを買った母。すごい

面白いのは私が高校で今の母のマンションに引っ越した

今 娘と次男がその年齢でそこにまた行こうとしている。。。

なんか面白い人生の繰り返しだと思う


あまり介護に関して深く子供二人に言っていない。

自分の部屋をどこにするか二人で決めていて会話は笑える


私も介護は初めて、未知の世界。壮絶かもしれないし思ったほどでも

ないかもしれない。

それも二人がこれからの人生に胸に人が亡くなっていくというものを

それぞれの感じ方で感じればいいとおもう


でもいろいろな人が命をつないでくれていることをわかってくれたら。。

長男もまた今週病院だけど、いろいろな方がつないでくれた命。


遅れればもちろん命に関わった。。。

長男もよく耐えた 大きな傷はまだ肌色にはなりきっていないので

痛々しいけれど・・・。よくぞ耐えた!

髪の毛もなくなり、抗がん剤治療にもよく耐えた、そしてよく食べたせいか

若干今は脂肪がどうかをみに通っている・・・おいおいおいおい


でも長男が今無事でなかったらいろんな景色が違って見えたと思う

長男と通う日はいつも晴天でよく長男は車内から雲を撮影している。

そんな穏やかな幸せがあることに感謝だな。。。



少し長男とは離れるけど「妹の通学費払うよ」なんてかっこいいこと

言ってくれてそれだけで満足 気持ちだけ頂くぞよ!


去年と今年は命について考えさえられたなあ・・

テレビを見れば一瞬で失われる命も連日報道されている。。。


比べられないけど看取られて死を受け入れていけるというのは

幸せな方に分類されるんだろうな・・・

という事で、今日も晴天!

良い一日になりますように(^^)

Comments


bottom of page