top of page
  • 執筆者の写真keisyu

鑑定士の言葉

昨日も対面鑑定にお越しいただきましてありがとうございます


鑑定士からの言葉というのはとても大切だと思っています。


鑑定する方を否定するわけではありませんが、

「ほかの先生にこう言われて・・・・💦」という方は多いです。


私は 今がまさにきつい天中月ですから

(今年はこたえるなあ・・・)

そのままドストレートに言うのは簡単かもしれませんが

どこかに必ず風穴はあります


例えば仕事面が苦しい・・・壁を与えられている

でも趣味や自分の快楽の場には良い流れがある


というようにどこかに目を向けてそこにウェイトをかける

べき場所があります。

苦しい部分は確かにきついですし否が応でもそこに着目は

させられます。。

でもそれだけではないという事です。



私では言えば今年は東西に害ですし、ホロスコープでみても

オーバーワーク気味になっていますから、本来は

ウェイトを落とすべき時となりますし実際にそこは苦しい場所です。


ですが学びという面では新しい情報を自分にいれるべきでもあり

対人関係では今はいろいろと出会った方からの恩恵を

得られるという事も今年です。


労働や義務、健康は苦しいと分かっているけれどどこかでバランスを

心身に取るとすれば学びです


実際ほんとに隙間時間があれば学びへの貪欲さはあります。


義務や労働で体を鍛え

学びで精神を鍛えそれでバランスをとっているような感じです


いろいろと言われてしまい、再確認で訪れるご相談者様も

実は少なくありませんが

その言葉や語彙に疑問がつきます??


はて?そんな言葉を使うものかな・・とか

はて?そんな表現でいいのかな?とか・・・


過去に「あなたは何をやっても中途半端」と言われた💦といって

来られた方をホロスコープで見るならば

「知識の箱はもっているのでそこに詰めていくという事が大切であり、

中途半端なのではなく学ぶものを定めなければならない」という方でした。


要はその方というのは興味ない分野を徹底してやらない、やりたくないという

だけの事で興味のある分野には目を輝かせる方という風に私は

読み取りました。


興味分野だけ↑


そこを中途半端だといわれてしまいずっと心に残ってしまっていたという

ご相談でした。

実はその方と同じ位置に同じ星を持つのでよくわかります。


このような西洋占星術や算命学という事を学ぶのは大好きですが

ここに歴史やら数学やらを放り込まれると死んだ目になります



昨日も言葉という投げかけられたものに悩み、八方塞がりになり

いらっしゃった方がおられましたが・・

全くそういった見解ではなかったですね。。

実際どこを見て発した言葉なのかなと思ったほどです。


確かに苦しい場所はあります。それは誰しもそうです。

ただ必ず開けている場所があるという事も同時にお伝えしなければ

「ああ・・・だめなんですね・・」で終わってしまい

「だめですね」となりますよね。。これ危険です。


必ずあります

どこかに広げていくべき部分が!!


そこを提案していくというのが良いと思っています。

こういった所も今着目すべき時となっていますがどうですか?

というように近況や背景と共にお聞きしていくという事で

更に深みを増していく事が出来ます


まだまだ学びは深めていかねばですが、大切な事は

伝え方です。

タロット講座もそうですが大切なのはその方の読み方に

+してアドバイスしていく事だと思っています。


段々と読めるようになってくるととても深みが増します💛

生徒さん達も78枚に苦戦はしていますがそれもまた

楽しみに変えていただければと思っています


タロット講座でも体験のお申込みありがとうございました

新しく10月度のカレンダーを刷ったものをプラザノースに

置いてきましたのでご興味ある方はご覧くださいませ(^^)


締め切りクラスもありますがご了承くださいませ💦



Comments


bottom of page