• keisyu

鑑定(占い)のお仕事 参考編

たまに聞かれますので 占いのお仕事って・・・?という感じで



例えば話すことが好きで・・・これは大切です

ただそれだけでは難しい


そしてお仕事も多岐に渡りますがおおまかにわけて

・対面鑑定

・チャット鑑定

・電話鑑定

・自分でのHPなどからの集客 という感じではないでしょうか


ただ占術は必要ですから タロットのような卜占

西洋占星術や四柱推命 算命学のように生まれた日や時刻から割り出す

もの

また手相や顔相のような相占ですね


これらのうち二つ程度チョイスできるといいのかな思います

宿命の流れとまたタロットでその時の自分と向き合ってもらう流れも

良いかもしれませんね(^^)


私は大体この占術でみさせて頂いておりますが

お仕事の流れであればやはりご自分の今という点では西洋占星術。

お仕事の環境や仲間がどう思っているかという点ではタロットなど

同じお仕事でも内容によってという感じで使い分けていきますし

また最初からタロットで(^^)とおっしゃる方も多いですから

その辺りは臨機応変にですね


またチャット鑑定や電話鑑定は多くの会社さんが出されていますが

顔が見えないので表情などは文面のやりとりや会話でみていくしか

ありません

また電話鑑定ではよりスピーディーさを求められます(と思います)


顔が見えないだけに確かにコメントでも きつ~(-_-;)というような

事もたまに書かれたりもしますがそこに一喜一憂するのではなく

「あ~求めている答えはそこではなかったか・・・」など

次につなげていくという事ですね


言葉は短くて良いです という方もいますし

優しく丁寧を求める方もいますからそこはやはりニーズに

答えていくという事が求められます


あとはやはりコメントやレビューであまり一喜一憂しすぎると

続きません。。。

ああ・・・がっくしとなるとこれは続きません

属性が合わなかったという感じで割り切る事も大切です。


100人のお客様すべて自分に合う(^^)ということは

ないですから(断言)それぞれに想う事があり相性も同じです


自分の占術やタロットさんからのアドバイスを信じて

それをお伝えしていくとうことを繰り返し繰り返し

また対応を大切に大切にしていくという事で積み上げていく

しかありません


まあ・・・へこむ事もありますよ 人間ですから

ただ私は割とメンタルはそこは強いというのか

合わなかったのかなという感じでやり過ごせるほうですが

そうでない方は最初自分を鍛えていくという事からですね


ただ何かしらで繋がった方はご縁があるでしょうし

対面でも先生たちが何人かいる中で選んでいただけたと言う事は

やはりご縁ですから、そのご縁を喜び感謝していく事で

さらに繋がっていくと思います


私のお客様でもご紹介でという方もいらっしゃいますから

本当にありがたい事です(^^)

最近時々占いの仕事って?と聞かれるのでちょっと

綴ってみました