• keisyu

3月の自分~タロット~


ちょっとうつりは悪いですが以前に3月は自分にとって未知の月でしたので

どうすべきかというものをフルフォームで引いたものですね

(3月は自分の人生での挑戦という感じですので)


真ん中(中央)のカードは外せませんので3枚を引いてそれぞれに見ていくというスプレッドです。


ワンドエース ワンド5逆 節制逆がそれぞれの中央にあります。

これだけでもやる気のある自分→喧騒→思った通りにはいかないというのがあります


これは種明かしをすれば「調停」についてタロットの会で引いていただき

恩師の言葉を交えて見ていったものとなります

(タロットの会では同じお仕事をしている先生同士で引き合あったりもします)


要するに自分はとても意気込みがあり新しい方向性を見出そうとしたという

スタートがあるが 実際は喧嘩であったり争いという係争のものが出ている。

ただここで恩師に言われたのは係争を取りまくものが温かみというものでもあるので

ある程度「私が!私が!」ではなく自分も思いやりを持つことも大切であるという

事を言われました 

実に「ふかいいいいいい」と思いました


ただ最後ですね、節制逆をとりまくものからみて簡単ではないということ。

思った通りには行かないわね…という事でしたのでそれを肝に銘じて行ってきました。


恐らくこの会がなければ勢いのみで行ってしまっていましたが

思った通りには行かない、ただそこまでは自分も譲歩が必要という事で

タロットやっててよかったあああ といような心の準備は出来ていました


結果としてはまさにその通りでしたし、一度で終わると思っていませんでしたから

次回までにまた自分の考えを見直していかないといけません。


ただ自分も強い人間ではありませんからその時に思い出したのは

長男の小学校時代に大変な時期があり、どうにもこうにもならない自分も

そこにありました。。。長男だけの事で悩みたいとしても下にまだ小さいな二人が

おり、自分も深夜勤務に追われて考えるという単純な時間さえなかった時。。。



もう無理かも。。。とすら弱音も吐けなかった時に

お世話になっていたかたに

「お前は子供を楽しく通わせたいんだろ!(女性です。。。汗)

それだけだろ!ならがんばれよ!」とすごく強く言われたことを思い出しました


その言葉に助けられてあの時は「そうだ!この子を楽しく通わせたい!それだけだ!」と

奮い立たせて学校の話し合いに向かいました


その時と同じ気もちで向かいました

ただ嫌な緊張感はありつつでしたが。。。なんとか何とかという感じですね、、


あとはもう流れに身を任せていくしかありません


ただ後悔はしたくないというそれだけです。


自分でもがんばるのみしかもう道はない事も改めてわかり

割と冷静にいられた自分もいて、残された道はもうがむしゃらに自分で

頑張るしかない!という事になります


現在パートの仕事もしておりますからもうほんと40代は動く!

算命の先生にも「死ぬ気で働きなさいよ」とありがたい(?)言葉を

いただきましたから実際本当にその選択肢、いや選択肢はない!ですね


でもいろんな経験を積んだことが今は本当に点と点がつながるように

思っています


膝を抱えてたってしょうがない!ここで母からの伝授の言葉


人を頼るな自分に頼れる自分を作れ!これが出てくるわけです。。。


終わりがよろしいようで。。

本日はタロットの会ですからまた楽しみです(^^)


今月からタロット講習の方も始まりますので進め方なども

ちょっと参考にして来ようと思います!