• keisyu

5月をタロットで

タロットで5月の日本はどうなるかというのを前回の

タロットの会でさせていただきましたので見ていきます



今回は5月の日本ですから 「国民と政治」という感じでタロットを引いてみました。

向かって右上が剣9ですからね、、もうこれはきつい。。。ここが国民という位置になりますが、対する「政治」の位置は聖杯6ですから・・・この落差たるや・・・ですが。


国民はある種、国は守ってくれないじゃないか!!事で悲観というよりも

「自分の身をすくってくれるのは国ではない!」という感じですね~


国は「分かち合っている」「享受しあえている」というようななんともお気楽な

ものが出ておりますが・・・


やはりこの左右の位置が違い過ぎるとアンバランスになります


お気楽な政治と 呆れたわ…悲観よりも自分で身を守るという意識を変えた国民

と言えますね


現在の位置も聖杯エース逆なわけですから、もう国民全体、日本というのは

疲弊しきっていて自分の拠り所を見いだせないという現状があります


このアンバランスさは未来の位置のワンドナイト とアドバイス位置の 

ワンドクイーン逆位置でも出ていますよね


国の一人で走るものに国民はストップがかかっているわけですから

もうすれ違いというよりもお互いに別を向いてしまっているけれども


国の勢いが強すぎて誰ももうついていけない、止められないという

のもあるかもしれませんね


俺は正しいという意志が強いですから・・・


過去性も剣2ですからね、、過去はどうにかどうにかバランスを保とうと

していたのかもしれませんがそれも国としてみるならば危ういんもんです


最終はカップ7ですからね、、、

もう本当に何に悩んでいるのか、答えが定まらない


または国もコロナだけではありませんからあれもこれもと

何を優先していいのかもはやわからないという事です。


聖杯7は薬を飲んでぼおおっとした状態とも言いますから

これはもう、国がぼおっとしている状態、クリアな答えを出せない

という事ですね。。。


5月は別の見方でも私は死神が出てましたから犯罪・自殺・死者という

事でもあり、ここで過去からのリセットをしなければ取り返しが

着かないと言事になります


自分の身を守ろうにもそれが出来ない可能性を示しています。


こういった場合はカードを逆から見るというのも私は取り入れてますが

聖杯7はどうにも答えは出せません・・・またカップ6がありますから


本当に国民への還元ということを再度みていけば悩みの根幹も

はっきりしてくるという事もあるのではないでしょうか・・


一人よがり・勢いが暴走しすぎて、根幹が見えなくなってしまっている


国民とは分かち合っているという勘違いがそこにありますからね。。


カードは全体をみなければいけません。

聖杯6のみであればありがたや~ですが、前後をみると国民主義になりきれて

いないのに、国民は幸せだろうとか国民と一丸となっている!という勢いだけで

振り返れば国民は立ち止まっていますからね・・



ですから聖杯6はここでは勘違いの享受という事になるのではないかと思います

とほほな5月ですね